プチ豊胸の説明と注意点

プチ豊胸とは、ヒアルロン酸を注射によってバストに注入し、バストアップさせる方法です。
その他の豊胸手術と比べると値段が安く、また切開しないため、手軽な方法と言えます。
プチ豊胸では、注入するヒアルロン酸の量によって費用が変わってきます。
プチ豊胸の人気の理由のひとつには、施術時間が短いということもあります。
早いところでは10分程度で終了するところもあるようです。
わずかな注射の跡しか残らないため、抜糸などのアフターケアも不要です。
シャワーも翌日から使えます。
ただし、プチ豊胸に用いられるヒアルロン酸は、施術後から少しずつ体内に吸収されます。
ですので、バッグを挿入する方法とは違い、バストアップの持続期間は2年から3年と言われています。
しかしこれには個人差があり、人によっては1年程度ということもあります。
バッグ挿入方法に比べて費用は断然安いのですが、持続期間も圧倒的に短いです。
また、費用が安く手軽で人気だと言っても、メリット・デメリットは様々あるものです。
豊胸方法を選択する際は、費用だけで選択するのは絶対にやめましょう。
そしてプチ豊胸を受ける際は、その方法やメリット・デメリット、効果などをしっかり理解し、納得するまで医師と十分相談してください。
女性であればほとんど誰もが、大きかろうと小さかろうと、バストサイズを気にしたことがあるのではないでしょうか。
バストサイズ大きくしたい女性にとって一番気軽なのは、下着やパットを使ってサイズを大きく見せることですね。
でもこれでは、バスト自体は大きくなっていませんので、脱いだらそれまでだし、お風呂のたびに鏡を見て自信をなくす、なんて事もあるんじゃないでしょうか。
でも、大それた豊胸手術をするのは不安だし、費用も決して安くはないし、と考える女性は多いと思います。
そこでお勧めなのがプチ豊胸です。
今まで豊胸手術といえば、メスを入れてそこからシリコンバックを挿入するという方法でした。
ですが異物を入れるわけですから、体への負担も金銭的なコストもかなりのものでした。
手術跡が残ってしまったり、シリコンが流出し健康を損ねたり、ということもありました。
しかし最近は豊胸技術も進化し、健康を損なわないヒアルロン酸を注射で注入し、バストアップするという施術が行われるようになりました。
それがプチ豊胸といわれるヒアルロン酸注入方法です。
メスを入れないため豊胸手術をした跡が目立つことはありません。
従来のバッグを挿入する方法に比べ、リーズナブルで手軽に手術が受けられます。
ただしヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されるため、バストアップの持続期間は2年から3年と言われています。
これには個人差があり、それより短い場合もあります。
プチ豊胸を受ける際は、プチ豊胸についてしっかり理解し医師と十分相談してください。