プチ豊胸でバストアップ

プチ豊胸とは、メスを使わない豊胸手術方法です。
その中でも最も良く知られているのがヒアルロン酸を注入する方法です。
プチ豊胸では、片胸約100から200cc程度のヒアルロン酸を注射によって注入し、バストを1カップから1.5カップ程度サイズアップすることができます。
バストを大きくしたいからといって、ヒアルロン酸を大量に入れすぎると形を維持するのが難しくなるため、注入する量には限界があります。
従来のヒアルロン酸は半年から1年程度で体内に吸収されてしまっていましたが、最近主流であるSUB-Qで利用されるヒアルロン酸は粒子が大きく2年から3年効果が持続すると言われています。
ただしこれには個人差があり、もっと短い場合もあります。
また、従来のバッグ挿入方法では異物を挿入するわけですから、身体への負担もとても大きいものでしたが、ヒアルロン酸はアレルギー反応を起こすことが殆ど無く、体内に注入してもトラブルとなる事は殆ど無いと言われていて、従来のバッグ挿入方法などに比べると安全で手軽と言えます。
ただし、それでもメリット・デメリットはさまざまあるものです。
豊胸手術を受ける際には、その方法について十分理解し、納得のいくまで医師と相談してください。
自分のバストに対してなやんでいることがある女性って多いと思います。
小さいとか、垂れているとか、形が悪いとか。
きれいなバストがいいって思っても、年をとればとるほど、形はどんどん悪くなってしまいませんか。
運動したりして、形をキープしている人もいるのかもしれません。
また、ブラジャーのおかげできれいな形をキープしている人もいると思います。
でも、そういうことを怠ってしまう人は多いと思いますし、気が付いたらすでに垂れていたとか、お肉が脇に流れていたと言うことって多いと思います。
若くても、小さいのが悩みだったりすると思うんです。
本格的なのはちょっとと思うかもしれませんが、簡単にできるプチ豊胸だったら、やってみても良いかなって思うかもしれません。
手術というか、施術時間も短くて済むそうですし、数年間はキープできるようです。
これだけ手軽なのに、効果は抜群みたいです。
大きな形のいいバストになれるようです。
これだったら、やってみてもいいのかもしれないって思ったりしてしまいます。
ヒアルロン酸成分を注入するだけと聞いたので、安心して施術できると思います。
体にも負担がかからなくて済みそうなので、なやんでいる人には良い方法かもしれません。