豊胸の種類

手術以外でも豊胸の種類はたくさんあります。
豊胸手術にはシリコンや生理食塩水のパックを挿入する方泡自分の脂肪を注入する方泡ヒアルロン酸注入の三種類があります。
パックを挿入する方法が一番多く、一番自然に近い感触だと言われています。
体内に異物を入れる事に抵抗感はあるかもしれませんが、一番多く行われているのは安全性については問題がないからで、大きさや形も自由自在な点がメリットです。
脂肪を注入する方法はまず余分な箇所の脂肪を吸入し、それを胸に注入しますので大掛かりな手術になります。
しかし自分の細胞を使うので抵抗が少なく、また余分な脂肪を取れるというメリットもあります。
ヒアルロン酸注入は注射器で行いますので最も簡単で安価な方法です。
気軽に試せるのがメリットでしょう。
しかしこれらの手術以外にもサプリメントや豊胸効果のあるクリームなども出回っています。
効果の程は疑問があるものの試してみる価値はあるかもしれません。
他にもマッサージで大きくする、女性ホルモンを発達させるという方法があります。
女性ホルモンを発達させるとはズバリ恋をすることです。
一番自然な方法です。
見た目だけ大きくしたいというのであれば補正下着もそれなりに効果はあります。
現在、豊胸の種類には大きく分けて3つあります。
それは、人工乳腺バッグ挿入泡脂肪注入泡ヒアルロン酸注入法です。
人工乳腺バッグ挿入法とは、バッグといわれる人工乳腺をバストへ挿入しバスとアップする手術方法です。
最近は、従来から使用されている生理食塩水バッグに加え、シリコンバッグ、バイオジェルバッグ、コヒーシブシリコンバッグなどバッグの種類も多種多様になっています。
また、バッグの挿入位置によって「乳腺下没と「大胸筋下没の2通りがあり、それぞれの体型、胸の大きさや感触などの仕上がり希望によって、挿入位置やバッグの種類を選択することができます。
次に脂肪注入法ですが、これは自分の脂肪をバストに注入する手術方法です。
異物反応を起こすことが少なく比較的安全な方法で、またお腹やお尻などの余分な脂肪を減らしながらバストアップができるため、一石二鳥といえる豊胸術です。
次にヒアルロン酸注入法ですが、これは人間の組織液と相性のよいヒアルロン酸を、注射器によってバストへ注入する方法です。
注入してから20分から30分程度で希望の形や大きさにすることができます。
ただし効果の持続期間は2年程度です。
追加で注入することも可能です。
手術時間が短く、アフターケアも不要なので、忙しい人や人工乳腺バッグに抵抗のある人に最適です。
どの豊胸術も効果は期待できますが、まずは自分の希望のバストの大きさと手術の効果を十分に考慮し、医師と十分に相談したうえで、自分に合った手術方法を選択しましょう。